CHECK

再建築不可物件とは何か?そのメリットやデメリットなど豆知識について紹介

このサイトは、再建築不可物件とは何か、どのような物件をこのように呼ぶのか不動産の知識を少しでも得たい初心者にもわかりやすく利点やデメリットなど、豆知識について解説していきます。
このような知識を持っていることで府道投資を行うときなど投資用物件を安く購入することができたり、家を利用するのではなく家庭菜園の場として使いたいときにも役立てることができる、ちょっとした知識を持っているとその可能性が無限に広がって来ます。

再建築不可物件とは何か?そのメリットやデメリットなど豆知識について紹介

再建築不可物件は、建築基準法の法律が施行される以前に建設された住宅に多いのが特徴です。
現代の建築基準法では接道義務と呼ぶルールがあるのですが、これは法律で定められている4mの幅を持つ道路と建築する土地の隣接距離が2m以上などの条件になるものです。
東京の下町などでは幅が1m程度の狭い路地に家が建設されている地域がありますが、このような地域に建設されている家は再建築不可物件でそのままでは建設許可を得ることはできません。
なお、再建築不可物件は価格が安いメリットがあるので投資などで人気を集めています。

再建築不可物件の意味とメリットについて

再建築不可物件とは、建てられている家を解体して更地にしても新しく家を建てられない土地のことです。
都市計画区域と準都市計画区域にだけ、存在しています。
これらの区域では建築基準法によって、幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接してはいけないという接道義務が設けられています。
消防車や救急車などの緊急車両が、入れるようにするためです。
再建築不可物件は接道義務を満たしていない土地に建てたれているため、家を解体して更地にしたとしても、新たに物件を建てられないのです。
再建築不可物件を購入するメリットは、低価格で購入できることです。
通常の物件より、1割から5割程度安く購入できます。
再構築不可物件でもリフォームやリノベーションは可能ですので、物件の取得費用を抑えてリフォームなどに費用をかけようと思っている人にとっては最適です。
また、固定資産税が低く設定されることもメリットです。
再建築不可物件は固定資産税の税額計算に使用する基準税額が低くなるため、個性資産税が通常の物件よりも低く設定されます。

再建築不可物件を有効活用する方法

再建築不可物件を有効活用する方法ですが、もちろんその物件が気に入って住むことにするのであれば最も適切なやり方だということができます。
再建築不可物件は、その性質上、周辺の他の物件と比較して大幅に安いことが普通ですから、本人さえ気に入って住むことで問題なければ、お得な買い物であるのは言うまでもありません。
ですが、それ以外にはないのかと言われると決してそんなことはありません。
この物件は、建て替えが不可能という意味であって、リフォームやリノベーションは可能ですし、一定条件のもとで建て増しができる場合もあります。
今の住戸に不満があってもより住みやすくできる可能性はあるわけです。
また、取り壊して更地にした上で活用を図る手も残されています。
物件の性格上、駐車場には向きませんが家庭菜園にするとか、バイクや自転車の駐輪場にするといった方策は考えられますので、全くどうしようもなく扱いに困る物件というわけでは必ずしもありません。

再建築不可物件を購入する際の注意点

再建築不可物件を購入する際には注意点がありますので、十分に検討してからにします。
少なくとも素人さんが、信頼のおける不動産会社のサポートもなしに即決するようなことは大失敗のもとです。
再建築不可物件とは、今そこに建っている住戸自体は別に違法建築などではありませんが、現行の建築基準法の決まりにより、今の住戸を取り壊した後に新しく建てることができないとされている物件のことです。
広い道路に面している部分が短いなど、消防活動に支障があると考えられるのがその理由です。
ですので、その中古物件に住み続けるには問題ありませんが、将来的にもそれで良いのかをしっかりと考えておく必要があります。
一般的には築数十年以上も経過した古い木造住宅であることが多く、今すぐにでも建て替えたいと思うくらいかもしれませんがそんなことはできません。
これは災害発生時にも容赦なく適用され、地震とか火災で建物が滅失したとしても同じことです。

再建築不可物件を買取してもらって現金化する

再建築不可物件などと聞くと、もう到底売りに出しても買い手などつかないと初めから諦めてしまっている人がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
再建築不可物件は、現状の土地条件のままでは建物を新しく建て替えることはできないというだけであって、一切何の価値も持たないのとは訳が違います。
そのため買取により現金化することも十分に可能です。
例えば、当たり前のことですが今の住戸にそのまま住むことは問題ありません。
建て替えはできませんがリフォームはできますので、手を加えて住みやすさを改善することはできます。
あるいは、更地にして駐輪場とか家庭菜園に活用する手はあります。
また、口でいうほど簡単なことではないものの、土地自体に修正を施すことで条件を緩和し、再建築できるようにする手も存在しないわけではありません。
後々、隣の土地も購入できるようなことになれば、併せた土地では再建築が認められるケースもあります。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件の基礎知識

このサイトは、再建築不可物件とは何か、どのような物件をこのように呼ぶのか不動産の知識を少しでも得たい初心者にもわかりやすく利点やデメリットなど、豆知識について解説していきます。このような知識を持っていることで府道投資を行うときなど投資用物件を安く購入することができたり、家を利用するのではなく家庭菜園の場として使いたいときにも役立てることができる、ちょっとした知識を持っているとその可能性が無限に広がって来ます。

Search