CHECK

再建築不可物件を家庭菜園に活用できる

再建築不可物件を家庭菜園に活用できる

再建築不可物件ですが、これは今ある建物を取り壊して建て直すようなことが建築基準法上認められていません。現状の建物自体は別に違法とは見なされませんのでそのまま住み続けることに問題はありませんが、一般的には築数十年も経過したような古い物件であることが多く、あえて住みたいと思う人も少ないでしょう。ただ、では他に活用方法はないのかというとそんなことはありません。再建築不可物件は、あくまで建て替えができないというだけであって、土地をそれ以外の用途に活用することはできます。その一つの例が家庭菜園です。建物を取り壊した後の土地で野菜などを栽培することは別に問題ありません。広い道路には面していないことがこの物件の特性ですので、土地を駐車場に活用することはまずあり得ませんが、バイクとか自転車の駐輪場にすることも可能です。このように、状況に応じて土地自体を活用する手立てはありますので、その人の考え方次第となります。

再建築不可物件を上手く活用して収益を得る

再建築不可物件はその名の通り、更地にして新たに建築する事が禁止されている物件です。その為買い手を探してもなかなか売れず、活用し難い立地等から空き家問題に発展しているのが現状です。しかしこの再建築不可物件を活用して収益を得る方法もあり、新たな方法・ビジネスとして地現在は注目されています。 再建築不可物件と言えど、リフォームやリノベーションは可能であり、綺麗にして賃貸として収益化を図る事ができます。また更地にして新たに建物を建てる事が禁止されているので、更地にする事は可能です。そのまま整備してコインパーキングや月極駐車場にして資産運用する方法もあります。 この物件は買い手がなかなか見つからない背景から相場よりも安い価格帯で売りに出されています。相場より安く自分の土地と建物が手に入れる事ができるという事です。こういった空き家を新たに運用する不動産会社や管理会社も多く、上手く活用する事で費用を抑えて利を得る事ができます。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件の基礎知識

このサイトは、再建築不可物件とは何か、どのような物件をこのように呼ぶのか不動産の知識を少しでも得たい初心者にもわかりやすく利点やデメリットなど、豆知識について解説していきます。このような知識を持っていることで府道投資を行うときなど投資用物件を安く購入することができたり、家を利用するのではなく家庭菜園の場として使いたいときにも役立てることができる、ちょっとした知識を持っているとその可能性が無限に広がって来ます。

Search