CHECK

再建築不可物件を安く購入するコツ

再建築不可物件を安く購入するコツ

一般的な不動産と比べると3割から4割程度安い再建築不可物件も、これより安く買う方法はないのか、このように考える人も多いのではないでしょうか。再建築不可物件の価格が抑えられている理由には、住宅の建設ができない土地であり土地の有効活用法から住宅への選択肢が外れているなどが挙げられます。そのため、家を取り壊さずに維持する人や再建築などを考えずに他の利用方法で取りを使いたい人などからの注目を集めているのが再建築不可物件です。価格が安いため購入後にリノベーションを行って賃貸住宅で貸し出したい、このような不動産投資で購入される人もいるのですが、あまり価格が安い場合は建物の状態が悪くて基礎なども含め老朽化してるのでリノベーションのコストが高くついてしまうこともありますし、白アリなどの被害を受けている場合も修繕コストが高くつくなどある程度しっかりした家を買わないと、後からメンテナンスや修繕費などの費用が掛かることもあるので注意が必要です。

再建築不可物件を相続により取得した場合の取り扱い

再建築不可物件を持っていた人が亡くなった場合、通常であれば血縁関係が近い人が相続人となり、この建物と敷地である土地の所有権を取得することになります。もっとも相続人が複数の場合には、全員の共有という状態になってしまい、売却などで処分をするにも全員の同意を取らなければならなくなるので面倒です。そこで全員を集めて話し合いによってこの再建築不可物件を実際に譲り受ける特定の人を決め、決まった内容は遺産分割協議書にまとめてそれぞれ署名押印して後日の証拠としておきます。この遺産分割協議書は不動産登記をするにあたっても添付書類としてかならず提示が求められますので、手元でたいせつに保管することが重要です。このような再建築不可物件は、建物を取り壊してふたたび同じ土地に建物を新築することができないといった法的な制約があるため、一般に評価額がきわめて低くなってしまいます。売却をする場合もほとんど値段がつかないか、不動産会社から買い取りを拒否されてしまうこともありますので、同じ不動産会社でも専門性のあるところに声掛けをするのが無難です。

再建築不可物件に関する情報サイト
再建築不可物件の基礎知識

このサイトは、再建築不可物件とは何か、どのような物件をこのように呼ぶのか不動産の知識を少しでも得たい初心者にもわかりやすく利点やデメリットなど、豆知識について解説していきます。このような知識を持っていることで府道投資を行うときなど投資用物件を安く購入することができたり、家を利用するのではなく家庭菜園の場として使いたいときにも役立てることができる、ちょっとした知識を持っているとその可能性が無限に広がって来ます。

Search